アンチエイジングな調理の仕方

食材によって調理方法が異なるのは当たり前です。しかし色々な調理法がある中でも、その栄養素を活かした調理方法は必ずあります。
まず水溶性ビタミンを含む野菜は、サラダ等で生で食べるようにしましょう。洗う時も、水ですぐに洗ってください、あまり洗い過ぎてしまうと、ビタミンが溶け出してしまいます。そして、あまり時間も空けず、なるべく早まに食べましょう。

次に脂溶性ビタミンを含む食材。脂溶性ビタミンを含む野菜は、野菜炒めなどの油で炒めた調理法だったり、とろみをつけて食べてみて下さい。炒め油は少なめが良いでしょう。
次に、魚の油(DHAとEPA)は、焼いたり揚げたりしても美味しく頂けるのですが、実はそうすることによりと大切な魚の油(DHAとEPA)が落ちてしまうのです。なので、なるべくなら、刺身、煮物、煮こごりをお勧め致します。しかし、醤油や味噌での味付けは、塩分を控えうす味を心掛けて下さい。生のお魚は、お酢類での味付けも良いでしょう。
この他にも沢山の調理法がありますが、全てを通して言える事は、二度揚げ、二度焼き、二度チンなどの、食品に含まれる油が変質してしまう事をしない事。体にダメージを与えます。そして、味付け時には、薄味に。ローズマリー、バジル、パセリ、タイム、ローリエなどのハーブ類を使用したり、カツオ、昆布、シイタケ、ドライトマトなどのだしを使用する事がお勧めです。香りも堪能出来て美味しさも倍になりますよ。

■介護サイト
港区の介護福祉士やホームヘルパーで楽しく働きませんか。
中野区の介護求人サイト!お気軽にご連絡ください。

This entry was posted in アンチエイジングな調理の仕方. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.