アンチエイジングな食べ方

いくら食材やメニューをしっかり選んだとしても、食べ方を意識しなければ効果も薄れてしまいます。
よく噛んで食べないと消化も良くないと言われているのは有名かと思いますが、この他にも、食べ方として意識した方がいい事がいくつかあります。
まず、一口を少なめにゆっくり食べる事。一口が大きくあまり噛まずに食べる事は、早食いに繋がります。早食いになってしまうと、満腹中枢を刺激せずに食べ過ぎてしまうケースに繋がる事が殆どなのです。しかしそれを逆に、一口の量を少なくよく噛んでゆっくり食べる事により、食べるのに時間もかかる事から、脳も内臓も満腹になります。一次期、1回30回以上噛む事がダイエット法にも紹介されたぐらいです。
そして、いろいろな料理を少しずつ、バランスよく摂りましょう。同じものばかりを食べてしまっては、摂取した栄養も偏ってしまいます。色々なおかずを食す事により、栄養も偏らず、バランスよく食事が出来ます。
更に、食べる順番も実は重要なのです。まずは最初に野菜を食べて下さい。いきなり脂っこいものや甘いものを食べると血糖値が急上昇し、膵臓や肝臓などにダメージを与えます。さらに、野菜を先に食べる事により、満腹中数も上がり、食べ過ぎを防いでくれるのです。歯ごたえのあるものも良いと言われています。
この様に、様々な食事法がありますが、飲み物だってポイントで、ジュースやアルコールは高カロリーです。その辺も意識してみて食事をすれば、きっと内臓のアンチエイジング及びに肌のアンチエイジングにも繋がっていくと思いますので、是非試してみてはいかがでしょうか。

LINK
練馬区の介護施設情報を掲載している便利サイト。
大田区で介護福祉士をするなら・・

This entry was posted in アンチエイジングな食べ方. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.