食事回数が少ないと……

近年の研究において、朝食を食べることで結果的に太りにくくなる、ということが判明しています。朝食を抜いてしまうと、体がエネルギーを燃焼させるためのスイッチを入れることができなくなり、悪循環につながってしまいます。
理想的な食事回数としては、やはり一日三回がベストですね。あまり時間をあけないようにして食べるということが理想的です。夕食が遅くなることが多いという場合には、夕方の時間帯に軽いものを食べて、帰ってきてからおかずを食べて一日四食、ということも良い方法でしょう。一気に食べてしまうことが血糖値を上げてしまう原因になるので、結果的に太りやすい体質になってしまうので気をつけましょう。

This entry was posted in 食事回数が少ないと……. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.